ぴあの学校ホームページにお越しくださいまして誠にありがとうございます。

広島市・廿日市市のピアノ教室 ぴあの学校

トップページ   山下雅靖の特別対談   コンセプト   生徒さんの声   よくある質問   お問合わせ
彩が丘教室
広島県広島市佐伯区河内南2-18-16 地図
大野浦駅前教室
広島県廿日市市塩屋1-1-43 地図
お気軽にお問合わせ下さい 電話:082-557-6125

 

山下雅靖の特別対談
 
2018.12
初回はバリトン歌手、吉岡和男先生をお迎えいたしました。

「山下雅靖の特別対談」初回はバリトン歌手、吉岡和男先生をお迎えいたしました。
吉岡先生は2018年12月、2019年1月にシューベルトの不朽の名作「冬の旅」を演奏されます。
そのコンサートでは、非常に名誉なことに私をピアノ伴奏に採用してくださいました。
今回の対談はおよそ2時間にも及ぶものとなりましたので、その一部を掲載させて頂きます。

 

山下 「いよいよコンサートも近くなってまいりました。冬に「冬の旅」をお歌いになられるなんて、とても素敵ですね!」
吉岡先生 (笑)
山下 「この「冬の旅」には言葉では表せない大きくて深い魅力というか魔力のようなものがあると思うのですが・・」
吉岡先生 「そうですね。まず、この曲につけられた詩を作ったミュラーの生き方が非常に魅力的でして。彼の暮らした当時のプロイセン王国では、自由な表現が非常に難しかったんです。自分の詩にも検閲を加えられたり・・・」
山下 「表現者としてはたまったものではありませんね。」
吉岡先生 「はい。全く・・・それでね、彼はその頃のギリシャ独立運動に傾倒して真の自由に覚醒した、そんな中で書かれた詩なんです。」
山下 「例えば23曲目『幻の太陽』なんですが、詩の内容が少し難解ですね。そのあたり何か解釈の糸口といったものはあるのでしょうか?」
吉岡先生 「例えば『三つの太陽のうち、愛しい二つの太陽は沈んでしまった。』というくだりですが、それを恋人の目であると多くの人は言っています。でも私にはそうとばかりには言えないかもしれないと思えるのです。」
山下 「と言われますのは・・」
吉岡先生 「主人公にとってみれば厳しい旅を経て、死を覚悟したあの段階では、もはや恋人の面影は必要ないんじゃないかと思うんです。もはやそういう次元ではないと・・・」
山下 「確かにそうですね。主人公はあそこではもう別の世界へ行っている気がします。」
吉岡先生 「ええ、ですから『冬の旅』の物語性とは別に、この詩が作られた背景を見てみますと、つまりミュラーの立場になって考えてみますと、当時ミュラーが命がけで吐露した本音、その結晶である彼の作品をこれまた命がけで出版し続けてくれた人がいる。当局の弾圧を受けながら・・・その人が亡くなるんです。」
山下 「はい。」
吉岡先生 「もともとギリシャの独立運動のため、あるいは自由の獲得のために書かれたという面も持ち合わせたこの一連の詩というところで考えると、その人の死はミュラーにとっては計り知れないくらい大きかったでしょう。ともに戦ってきた同士を失ったわけですから。」
山下 「なるほど。そう考えればあの暗号のような詩の意味が少し分かってくる気がします。」
吉岡先生 「それから24曲目(終曲)「辻音楽士」に続くわけですが・・・」
山下 「私事で全くお恥ずかしいのですが、「辻音楽士」のような音楽を他に知りません。あれは喜びとか悲しみとか本来音楽というものが備えているであろう要素が全く見当たらないように思いますが。」
吉岡先生 「詩の内容から考えますと、あの老人を一般的には死神と解釈している人は多いですね。ところが私にはあの老人の姿こそがミュラーの目指した生き方といいますか、自由の象徴と言いますか・・・犬にほえられようと、誰にも相手にされなかろうと、ただライヤー(弦楽器の一種)を奏でている・・」
山下 「それではあの終曲は一種の安らぎである・・とすれば作曲者のシューベルトも死の淵でミュラーと同じような感覚を持ってこの曲を作曲したかもしれませんね。」
吉岡先生 「そう思います。」
吉岡和男先生
山下雅靖

続き→

 
 

 

 


彩が丘教室
広島県広島市佐伯区河内南2-18-16 地図
 
大野浦駅前教室
広島県廿日市市塩屋1-1-43 地図
このサイトにおける画像・文章などを無断でコピー、使用、転載することを禁じます。 (C) ぴあの学校